身分証明書が必ず必要

風俗業界には、かなりの数の業種が存在してきます。
「ファッションヘルス」、「デリヘル」、「ホテヘル」、「ピンサロ」などの業種が挙げられますが、この全てに共通しているのが男性であるお客様に性的サービスを提供するということになってくるのです。
ですので、男性客が射精をするまでがこの業種のサービスとなっています。
男性が射精をするまでとは言いつつも、ここで決められていることが一つあります。
それは、本番行為が一切禁止されているということなのです。
そういったことから、上記のような業種のサービスはフェラチオや素股、手コキなどのサービスでお客様を射精までと導かなければならないということです。

そこで、「ソープランド」という唯一本番行為がある業種が存在してくるのです。
働く女性にとっても、本番行為があるということから他の業種に比べれば収入も高いというのがウリとなっています。
そして、風俗の中でもキツイ仕事内容をイメージされやすい「ソープランド」ですので、面接も同様に厳しいイメージを持つ女性も多いと思われます。
また、「ソープランド」に面接に行き、その場でお店のスタッフと講習させられてしまうということをイメージされる人もいるかもしれません。
ですが、「ソープランド」に限らず、最近の風俗業界は女性が働きやすい業界へと変わりつつあるのです。

まず、「ソープランド」の面接も他の風俗店と同じような流れで行うのが常識であります。
ですので、面接の際には必ず身分証明書が必要となってきます。
理由は、18歳未満の未成年を働かせてしまうとお店が摘発されて営業ができなくなるからであり、今ではどこのお店でも働く女性が18歳未満でないかをとても厳しくチェックしています。
身分証明書に関しては運転免許証が一番手っ取り早いと思いますが、運転免許証を持っていない場合は、健康保険証と他写真付きの身分証明書などが必要になります。
運転免許証を持っていない場合は事前にしっかりと確認してから面接に行かないと、何度もお店へと足を運ばなければならなくなる恐れが十分にあるのです。
後、東京にある吉原のソープランドでは、20歳以上の女性でないと働くことのできないお店がほとんどになってきます。

そして、面接の際にはプロフィールシート、もしくは履歴書と呼ばれるものを記入します。
一般の履歴書を書いて持参する必要はなく、面接に行きお店で直接記入する形なのです。
このプロフィールシートには、名前、年齢、生年月日などの基本情報から、初体験をした年齢、性感帯、オナニーは週何回するか、などのエッチな質問まであります。
このプロフィールシートに書いた内容がそのままホームページなどの情報に掲載されますので、ウケを狙って無理をすると後で大変になることもあるので注意が必要なのです。